利用後の返済

消費者金融を利用して家賃支払いを行う場合、気をつけないといけないポイントがあります。それは、不動産会社と消費者金融の二社に対する支払いを、継続的に賢く行うことです。複数の支払いになる以上、支払い管理が物を言いますし、これを疎かにすることは絶対にできません。では、消費者金融利用後の支払いに関しては、どのように実行するのが良いでしょうか。

まず、毎月の収入に関して把握します。その収入の中から、食費や光熱費などの支払いに必要な金額を考慮します。その際、自由になるお金がいくらあるのかわかりますが、その中から消費者金融及び不動産会社の支払いに充てていくのです。消費者金融の支払いについては、毎月金利が発生するので、このことも頭に入れておかないといけません。もし約定日までに支払いができなかった場合、延滞金利での計算になります。通常金利よりも高くなるので、注意が必要です。不動産会社への支払いについては、強制退去になることのないよう、十分に注意しましょう。毎月きちんと家賃を支払えば強制退去を命じられることはありませんが、支払いの意思がないと判断された場合、取り返しのつかない事態を招くことにもなりかねないのです。

大切なことは、消費者金融の審査に通ることではありません。もちろん、それも大切ですが、肝心な家賃の問題が解決してこそ、大きな意味があります。